あったかカラダに変身!冷え性改善攻略ガイド

自分の冷え性タイプを今すぐチェック!

つらい冷え性、あきらめていませんか?

「足先が冷えて、夜なかなか寝つけない」「冷え性のせいで顔色も悪く、肌荒れしやすい」
そんな冷え性でお悩みのアナタのために、このサイトでは、冷えの改善法とおすすめサプリを紹介しています。 冷え性とひと口に言っても「末端冷え」や「隠れ冷え」など、さまざまなタイプがあることをご存知ですか?
大切なのは、自分の冷え性タイプをまず知ること。自分のタイプに合った対策をとることで、今よりもずっと身体の冷えが和らぐかもしれませんよ!

冷え性改善攻略ガイド HOME » 今スグできる!おすすめの冷え性対策 » 普段の服装が冷え性の原因に!~効果的な改善方法~

普段の服装が冷え性の原因に!~効果的な改善方法~

普段の服装が体を冷やしている?!

冷え性の原因となるのは、偏った食生活や乱れた生活習慣だけではありません。普段の服装によって体を冷やしてしまうこともあります。特に女性の場合は、オシャレに気を遣ったコーディネートを取り入れることが多いですが、それによって知らないうちに冷えの原因をつくってしまっている可能性があるのです。

ここでは、体を冷やしてしまう原因についてチェックしておきたい項目をいくつか紹介します。

屋外関係なく冬場でも素足で過ごすことが多い

冬でも素足で過ごしていると、足先からどんどん体が冷えていきます。上を着込んでいても足を露出することによって冷えの症状は進行してしまいます。また、素足ではなく、ストッキングで過ごすことが多い人も同様です。薄手のストッキングには保温効果はほとんどないのでストッキングを履くことが多い人も注意しましょう。

普段からミニスカートを履くことが多い

短いスカートは足だけではなく腰も冷やします。足腰が冷えると内蔵も冷えて、全身の血行が悪くなってしまいます。ミニスカートでなくても薄い生地のスカートも同じです。

上半身はしっかりと着込むが、下半身は薄着

冬のコーディネートで、上半身はコートにマフラーとしっかり着込んでいても、下半身はスカートや薄手のパンツの人は少なくないでしょう。上半身をしっかりと温めていても、下半身が冷えてしまうと意味がありません。デニムは冷える素材でできているといわれていることから、なるべく避けるようにしましょう。

靴下を履くことが少ない

室内の場合、裸足で過ごす人は多いですが、裸足のままスリッパを履いたりうろうろしたりすると、かかとやつま先から足は冷えていきます。外出時にタイツやストッキングを履くことが多い人も同様に、足が冷えやすくなっています。

矯正下着を普段から着ている

体を締めつける矯正下着は、長時間着用すると血液の循環が悪くなってしまいます。その他にも、ガードルや体にフィットするインナーも血行が悪くなる原因となります。窮屈さを感じないインナーや下着を身に着ける必要があります。

寝るときにネグリジェや浴衣を着ている

ネグリジェや浴衣は、寝返りをうつと服がめくれて体を冷やしてしまいます。また、汗を吸い取る生地のものでないと寝汗が冷え、冷え性の原因となってしまいます。

また、吸湿性が低い化学繊維の生地を着ている場合でも冷えにつながります。保温性が高い化学繊維ですが、汗を吸わずに蒸れてしまうので、絹や綿、ウールといった天然素材のものを選ぶ必要があります。

ハイヒールを履くことが多い

つま先が細い靴や、足を締めつける靴も冷え性の原因になります。足首をキュッと締めつけるブーツなども足の血行を悪くする原因となるため、注意しましょう。

上記の項目は下半身の冷えにつながるものになります。女性は男性と比べて冷え性になりやすいといわれていますが、その原因の一つに女性特有のファッションがあります。見た目やコーディネートにこだわるだけでなく、体をなるべく冷やさないファッションアイテムを取り入れるなどして、対策をするようにしましょう。

女性の場合、下半身の冷えが不妊症の原因となってしまうこともあることから、日頃から体を冷やさないように心がけることが大切です。

冷え性を改善したいならまずは下半身から温める

靴下を重ね履きするときのポイント~冷え取り法~

下半身の冷え性対策として靴下を数枚重ねて履く方法がありますが、ただ重ね履きすれば良いものではありません。しっかりと足先を温めるなら、重ねる順番や靴下の素材も重要です。

靴下の素材でおすすめしたいものがシルクですシルクには保湿性・吸収性があり、吸った汗を蒸発させてくれるので蒸れや汗による冷えを防ぐことができます。さらに、シルクには体内の老廃物を排出する力があるため、血行を良くしてくれます。シルクは着心地が良いため、夏でも冬でも重宝します。ここで、重ね履きの手順を説明していきましょう。

  1. まず1枚目に履くのはシルクです。より肌に密着させるためにも5本指の靴下が良いでしょう。
  2. 2枚目は綿の靴下を履きます。指が分かれていない普通の靴下でも大丈夫です。綿の役割としては、シルクが吸い出した毒素や汗を吸収して体から遠ざけてくれます。
  3. 先程重ねた綿の靴下の上にまたシルクを重ねます。綿が吸収した毒素をさらに外へと吸収します。
  4. 次にまた綿の靴下を履きます。シルク、綿の順に4~6枚重ね履きして、最後に綿かウールの靴下を履きます。

以上が靴下を重ね履きする際の手順になります。ぜひ試してみてください。

足を温める~季節別の冷え性対策~

冷えとは無縁に思える春夏ですが、汗が冷えたり裸足のまま過ごしたりすることで足は冷えていきます。対策方法としては、毒素を吸い取る効果のある絹の靴下と、太ももまでのスパッツ、足首までのスパッツを履くことが挙げられます。さらにズボンやロングスカート、サマーブーツに絹のレッグウォーマーを入れておくと効果的に冷えを防ぐことができますよ。

そして寒さが厳しくなる秋冬の場合は、絹の靴下の上にウールの厚手の靴下を重ねます。絹の太ももまでのスパッツと絹かウールの厚手の足首までのスパッツも履くことで下半身の冷えを防げます。ロングスカートやズボンを履く際は、絹の厚手のレッグウォーマーを履くことをおすすめします。

ふくらはぎをしっかりと温める

靴下の重ね履きや、季節別の冷え性対策について紹介してきましたが、特に意識して対策してほしいのはふくらはぎを温めることです。ふくらはぎは、下半身の血液を心臓に押し戻す役割をもっていることから、温めることで血液の循環がスムーズになり、足全体を温まるようになります。カイロや湯たんぽを使って足を温める場合、足先を直接温めるよりも、足首かふくらはぎを温める方が効果的です。

お腹を温めることも大切!

お腹や腰の冷えによるダメージ

女性の場合、お腹や腰の冷えは子宮や卵巣にダイレクトにダメージを与えます腰やお腹が冷えてしまうと、慢性的な腰痛を患ったり、婦人病にかかりやすくなったりします。それだけではなく、すぐ近くにある腎臓の働きも鈍らせてしまうため、老化の症状をもたらしやすくなるともいわれています。体内の冷えは、手足と違って動かすことが少なく、冷えてしまうと温めるのは大変です。入浴後や外出前など、冷える前の保温を心がけましょう。

腹巻きやカイロで冷えから守る

お腹が冷えるのを防ぐアイテムとして重宝されてきたものが腹巻きですが、色々なタイプがあります。筒状のスタンダードなタイプだけではなく、パンツのように履くタイプやフリルや柄がかわいらしくて、腹巻きに見えないものまで幅広くあります。たくさん種類があって迷ってしまうと思いますが、初めて腹巻きをする人は筒状の丈が短いタイプがおすすめです。着脱しやすく、洋服のラインに影響が出ることも少ないため、着やすいタイプになっています。

また、サイズは普段の着ている洋服のサイズよりも1サイズ大きめのゆったり目のものを選ぶようにしましょう。せっかく腹巻きでお腹を温めて血流が良くなっても、サイズによって体を締めつけてしまっては意味がありません。さらに、伸縮性の良い素材を選ぶことで体を痛めることなく温めることができますよ。

さらに、尾骶骨の上に大きなカイロを貼ることで、子宮や卵巣、膀胱などの血流を良くして下半身や足の血行も改善することができます。下半身の血流が滞ると、痔の悪化につながりますが、ふくらはぎにカイロを貼ることで痔が改善されるともいわれています。カイロを貼る際、長時間同じところに貼っているとやけどをしてしまう可能性があるので、時々位置を変えることを忘れずに。

腹巻きとカイロを効果的に使用することによって、冷えによるダメージを和らげることができるので、普段から温めることを意識してください。

冷え性におすすめのサプリPickUp!
三黒の美酢
1位

三黒の美酢

総合評価:★★★★★

全身水分かくれ

詳しくはこちら

高麗人参つぶ5000
2位

高麗人参つぶ5000

総合評価:★★★★

全身末端

詳しくはこちら

めぐりの十一源
3位

めぐりの十一源

総合評価:★★★★

全身末端

詳しくはこちら