あったかカラダに変身!冷え性改善攻略ガイド

自分の冷え性タイプを今すぐチェック!

つらい冷え性、あきらめていませんか?

「足先が冷えて、夜なかなか寝つけない」「冷え性のせいで顔色も悪く、肌荒れしやすい」
そんな冷え性でお悩みのアナタのために、このサイトでは、冷えの改善法とおすすめサプリを紹介しています。 冷え性とひと口に言っても「末端冷え」や「隠れ冷え」など、さまざまなタイプがあることをご存知ですか?
大切なのは、自分の冷え性タイプをまず知ること。自分のタイプに合った対策をとることで、今よりもずっと身体の冷えが和らぐかもしれませんよ!

冷え性改善攻略ガイド HOME » 今スグできる!おすすめの冷え性対策 » 保温効果のある栄養成分を摂って冷え性を改善

保温効果のある栄養成分を摂って冷え性を改善

栄養素

冷え性に必要な栄養素についてみていきましょう!栄養素に注目してバランスの良い食事や、上手にサプリメントを取り入れ冷え性の改善につなげていきましょう。

栄養が不足すると冷え性になる理由

栄養の不足によって起こる、冷え性の原因についてみていきましょう。

人間は食事を摂ることによって、必要な栄養を摂取しています。しかし、忙しい時は栄養バランスも偏ってしまいがちになることも多いです。

栄養が不足することによって、体には様々なトラブルが起きていきます。栄養不足によって血流が悪化し、新陳代謝が低下していきます。

代謝が悪くなることによって、冷え性の原因にもつながりますが、ダイエットの成功も遠くなってしまいます。

体外の寒さに体が反応することによって、脳から臓器等の保護を守るよう伝達の信号がでます。人間の体で、最も必要としている臓器の部分や脳へ送る栄養が最優先されるため、爪や肌の栄養は後回しにされていきます。

そのため、栄養不足だと脳や臓器が手や足をある程度犠牲にし、重要な器官を守るため体は冷えていきます。これが冷え性の原因につながるのです。

冷え性の人が摂取したほうがいい栄養素ってあるの?

冷え性の人は、以下の栄養素を意識的に摂取してみましょう。

①鉄分

鉄分は血液に必要なミネラルです。体内の器官には、酸素が必要となりますが、その手助けをしてくれるのが鉄分役割です。各器官に酸素がいかなくなった状態になると、冷え性の他に、貧血や便秘、感染症などの様々な影響を及ぼします。

②タンパク質

タンパク質は私たちの骨や皮膚、臓器や筋肉を作る際に、最も重要な役割を果たしています。タンパク質はエネルギーの源になり、私たちの体にとって必要な栄養素です。

また、タンパク質にはアミノ酸がたくさん含まれており、その中には必須アミノ酸といわれている栄養素は、体内で作られることができません。そのため、食品でしっかり補わなければいけないのです。

③ビタミンE

血管を若々しく保つ役割をしてくれるのが、ビタミンEです。体内のホルモンの調整をすることによって、肌のシミやシワ・血行を良くする働きもあります。

ビタミンEが不足すると血行が悪くなり、その影響で、冷え性や肩こりの原因につながるため、必要な栄養素となっています。

④ビタミンC

ビタミンCは人間の体内では作られないため、体外から摂取しなければいけません。ビタミンCが冷え性に効果的な役割を果たすのは、鉄分と一緒に摂取することです。鉄分の吸収を促進する働きがあります。

⑤栄養素5(ビタミンB群)

タンパク質、脂質、糖質など人間にとって重要となる3大栄養素をエネルギーに変えてくれるのが、ビタミンB1・B2です。最近、お菓子や加工食品ばかり食べているかたは糖分過多になり、ビタミンB1も不足しがちになります。

うまくエネルギーに変えることができないと糖質が体内に溜まりやすくなり、太りやすい体になったり、冷え性の原因なります。

⑥栄養素6(亜鉛)

免疫力を高める役割があります。新陳代謝を高めることによって、冷え改善の手助けをしてくれます。

⑦栄養素7(マグネシウム)

ビタミンB群と一緒に摂取することによって、体温機能のバランスがしっかりとれるようになります。血液の流れをスムーズにしてくれることによって、冷え性の改善にもなります。

栄養を吸収しやすい体内環境を作ろう

冷え性改善に良い栄養素も吸収されないと意味がありません!吸収しやすい体内環境を作ることも大事です。

①栄養を吸収する仕組み

私たちは食事を摂ることで、食道や胃など多くの消化器官を通して体内に栄養が吸収されていきます。消化器官で消化されると、胆液や膵液(すいえき)と混ざり、小腸を通って栄養が吸収されます。

小腸が長い臓器となっているため、そこを通っている最中に栄養を吸収し、吸収された栄養は血液と一緒になることで肝臓へと送られ、体内の様々なところへ送られていくのです。

②腸内環境も栄養吸収には大事

小腸がしっかり活動しやすくなる環境を作ってあげましょう。実は小腸の活動には、腸内環境もしっかり改善することも大事なのです!

乳酸菌の含まれる食品を摂取することで、腸内環境を整えていきましょう。また、酵素を摂ることで体内での活動に必要な栄養の吸収にも役立ちます。

③栄養の吸収を良くする方法

栄養の吸収には、普段の食生活を心がけることも大事です。しっかり噛むことによって、体内での栄養が吸収しやすくなります。

最近では、時間がないかたのために手軽に摂取できる食品も増えていますが、噛むことは体にとっても重要な役割を果たしてくれるので、少しでも噛む食事をするように心がけていきましょう。

冷え性におすすめのサプリPickUp!
三黒の美酢
1位

三黒の美酢

総合評価:★★★★★

全身水分かくれ

詳しくはこちら

高麗人参つぶ5000
2位

高麗人参つぶ5000

総合評価:★★★★

全身末端

詳しくはこちら

めぐりの十一源
3位

めぐりの十一源

総合評価:★★★★

全身末端

詳しくはこちら